正しい弁護士の選び方

弁護士過払い金請求には弁護士の力が必要ですが、どの弁護士事務所にでも良いわけではありません。弁護士には得意分野がありますので、過払い金請求に強い弁護士に依頼しましょう。特に過払い金請求は弁護士にとって簡単な依頼であるにも関わらず儲かる案件なのです。そのため、依頼人に高額な弁護士費用を請求する弁護士も存在しています。こういった悪徳弁護士は相談時間が短く、中には数分で相談が終わることもあるのです。いくら簡単な案件だったとしても数分の相談ですべてが解決するものではありません。そのため、トラブルが起こることもあるのです。

そして、過払い金請求の実績が豊富な弁護士に相談をしましょう。消費者金融によってはさまざまな争点を主張する場合もあり、思ったように和解が進まないこともあるのです。専門的な知識が必要になりますので、過払い金請求に慣れた弁護士に依頼しましょう。

さらに、過払い金請求の費用は弁護士事務所によってバラつきがあります。借金をした時期や額によって費用は異なりますので、少しでも安く抑えたいのであれば複数の弁護士事務所に相談しても良いでしょう。そして、そこで信頼出来る弁護士事務所に仕事を依頼してください。


関連記事

弁護士の相談費用とは

消費者金融に過払い金請求をすることでお金が戻ることがあるのです。過払い金請求は個人で出来ませんので弁護士に相談する必要がありますが、そこでは弁護士費用がかかってしまいます。具体的にどの程度の弁護士費用がかかるのでしょうか。弁護士への相談料は1時間5000円から1万円が一般的ですが、近年は無料相談窓口を設けている弁護士事務所も少なくありません

始めて弁護士に相談する方は何かと不安がありますので、借金の無料相談窓口であれば安心でしょう。そして、弁護士に正式に仕事を依頼する際に3万円ほどの着手金が発生します。着手金は弁護士事務所によって異なりますが、着手金無料という場合もありますので探してみましょう。

お金そして、すでに完済している過払い金を請求する場合は、過払い金報酬を弁護士に支払います。これは消費者金融から返還された過払い金の20%前後です。そして、借金が残っている状態でも過払い金請求をすることもありますが、そういった場合は減額した借金の約10%を減額報酬として弁護士に支払います。

また、過払い金報酬が解決することで解決報酬を弁護士に支払うことがありますが、これが約3万円かかります。しかし、弁護士事務所によっては解決報酬無料となっていることもありますので、安く抑えたい方はそういった弁護士事務所に相談しましょう。


関連記事

借金の過払い金とは

誰もが一度は「借金の過払い金請求」というワードを耳にしたことがあるでしょう。かつての貸金業者はグレーゾーン金利と呼ばれる高い金利で貸し付けを行っており、この時代に金利を支払った方は過払い金の請求が出来るのです。利息制限法で定められた金利は15%から20%だったのですが、2010年以前はグレーゾーン金利による貸し付けでした。そのほかにも過払い金請求が出来る条件があり、具体的には消費者金融から5年以上キャッシングをしている、借金完済から10年経過していない、などがあります。

ATMそして、キャッシングは消費者金融だけではありません。クレジットカードにはATMで利用出来るキャッシング機能がありますが、そういったキャッシングも適用されるのです。具体的には2010年以前にクレジットカードのキャッシングを利用した方で、ショッピングリボ払いには適用されませんので注意しましょう。

そして、現在は利息制限法によって10万円から100万円の金利上限は18%となっていますが、かつては20%以上の金利で借金をしていたケースもあるのです。そのため、1社から10万円以上キャッシングをしたことがあり、18%以上の金利を支払ったことのある方は過払い金請求の対象となる可能性が高いでしょう。

しかし、過払い金請求には10年という時効が決められているのです。借金完済から10年経過していると時効が成立するので過払い金請求が出来ませんので、それまでに弁護士へ相談しなければなりません。こちらでは弁護士への相談方法について解説いたします。


関連記事